言葉が溢れては流れていく世の中で、誰もが自分の言葉を忘れてしまったかもしれない。
何もない砂漠のような世界を彷徨っていると、突然大きな水たまりが現れた。

のぞき込んでみると、水面に自分が映っている。ぶくぶく。耳を澄ませてみると、、ぶくぶく。青い水の中へと沈んでいく。

その底には、小さなカフェがあった。
自分と似ているひとが、口を開く。
「ここは、本の中ーあなたの物語の中、”ことばを食べるカフェみずうみ”。あらゆる記憶が降りつもる湖の底には、言葉の形をした化石が眠っています。何か話をして、忘れていた自分の言葉を思い出してみましょうー」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ことばを食べるカフェみずうみ」は、〈言葉〉ひとつひとつをじっくりと味わうためのお菓子ーさまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を提供するカフェであり、私たちの生活と共にめんめんと続く、体験型のアート作品です。
また一冊の本として、訪れる人人とお話ししながら(現実と想像のはざまで)日々ページを綴っています。

言葉が溢れては流れていくこの世の中…自分自身と対話し、ひとつひとつの言葉をじっくりと味わうことで、忘れていた自分と五感と「ことば」を思い出す……蜃気楼のオアシス「みずうみ」にて、自分自身を巡る観光をお楽しみください。
本の中で言葉を食べるカフェ、あなたが映る野生のメディア「みずうみ」ーここには、あなたのための言葉が眠っていますー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★何だかよくわからない…⁉︎ インタビューにて、掘り下げてお話させていただきました。
https://rakukatsu.jp/cafe-mizumi20230521/

 

 

 

p.s.
本が、世界がひっくり返ると、言葉が空からばらばらと降ってきて、歌になるーそれは「天地返しの歌」。音楽が風を煽り言葉が空を舞って、降り積もってまた記憶の地層が重なっていく。
そうしてみんなまた言葉を忘れていく。でも何度も同じことばを見つけても、「声」が言葉に新しい命を吹き込む。だから、歌おう。