ご案内・メニュー

mizuumi.jpg

【オープン 11時〜21時 (水曜定休)】
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄谷町六丁目②出口〜徒歩3分

「みずうみ」は1冊の本であり、対話を軸とした学びと表現のための場所です。
本と現実のはざまで自分自身を巡る観光スポット・あなたが映る野生のメディア『みずうみ』へようこそ!
~ここには、あなたのための言葉が眠っています~


【 メニュー 】 ★飲食持込自由・寄付差入歓迎★

【無人時】 静かな青い空間で、休憩や対話、読書や書きもの、また観光や撮影をお楽しみください(投銭制)
20161103121129561.jpeg


【有人時】(19時~21時)※居ない場合もあるのでご連絡頂けると確実です(ご連絡フォーム

●「お話しカフェ」(お茶菓子付き約1時間500円)
―どれだけ世界が発達してもまた滅びようとも、哲学的対話だけは永遠に続いていく―「他者としての自分」との対話―
※記憶の砂底から「ことばの化石」を発掘し、まずはそのことばについてお話ししましょう。

●あなたが映る「ブックシアター」(お茶菓子付き約2時間1000円)
―自分自身のことばは、まず他人のことばを「なぞる」ことによって生まれる―自分のことばを映し出すブックシアター―
※1冊の本をその場で読み合い、語ることであなた自身のことばを映し出します。
※好きな本をお持ちいただくか、冷蔵庫本棚からお選びください。

●占い★タロット★四柱推命 (お茶菓子付き各30分1000円)
※本格的な占いです。あなたの過去・現在を映し出し、未来へのキィ・ワードをお伝えします。
20170404202147361.jpeg

● 企画持込受付・打合せ ※一緒に企画・広報します!
(読書会・教室・WS・ギャラリー使用・インスタレーション・公演・お茶会・物販・企画会議etc)
(1企画場所代込3時間3000円、ギャラリー使用(販売可)1週間5000円〜)※イベント当日にお支払い
★ 毎週ペースでさまざまな文化イベントを開催しています ★ 詳しくはタイムラインをご覧ください ★
people.jpg


● ことばを食べるかんじクッキー(記憶の砂底に眠る、ことばの化石)
みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。 (全成分:小麦粉 砂糖 卵 米油 塩 )
※有人時のメニュー&イベントで提供中彡(一緒にカフェをしてくれる方・物件を募集中!)
どんな言葉が食べられるかは来てみてのお楽しみです♪
spring.jpg


● 雑誌『みずうみ』ー日々綴っているページがたまったら本になります。寄稿もたくさん有(全20頁1冊300円)
※ 2019年9月、3冊目最新号「水」号が出ました!みずうみにあるので、手に取ってみてください!
~みずうみ内にある白紙のページに何か書き込むと、いつの間にか『みずうみ』のページになっているかもしれません〜
20191116200252292.jpeg

20191116200323584.jpeg


● チャンネル【mizuumi】開設!教育風番組やショートムービーをUPしています彡
20190309154648515.jpeg


ことばを食べるカフェみずうみ
オープン 11時〜21時 水曜定休
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄谷町六丁目②出口〜徒歩3分

メール:mizuumiplan★gmail.com(★→@)
お問い合わせ・ご連絡・ご予約フォーム



【カレンダー】詳細はタイムラインをご覧ください



テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

2.22(土)19時〜【ものを書くための、読書会】〜海外の時事を読んでみる〜

202002152148304fd.jpeg

2月22日(土)19時〜22時【ものを書くための、読書会】
〜ご参加受付中〜

ジャンル不定カルチャー誌『アレ』を発行しているWeb発の評論系同人サークル〈アレ★Club〉が、今月もみずうみで「ものを書くための、読書会」を開催します!

最近、当会の代表である山下泰春が、趣味で英語やドイツ語で書かれた文章の翻訳をしています。
それで、「今回読む作品は山下君が翻訳したものにしてみたら?」と言ったところ、彼から「それならつい先日翻訳したものがあります」と言われ紹介されたのが、今回読むスラヴォイ・ジジェクの時事評論「My Dream of Wuhan(私の武漢という夢)」です。

著者のスラヴォイ・ジジェク(1949~)はスロベニア出身の哲学者で、精神分析家のジャック・ラカン(1901~1981)の研究の他、ラカンの理論を用いた社会批評を行っていることで知られています。

今回は先月下旬にドイツの新聞『ディ・ヴェルト』紙に掲載された彼の時事評論を、山下が翻訳したものを皆さんと読んでいきたいと思います。

皆さんで同じ文章を読んで、思ったことを自由に話して、自分なりの文章を書いてみる【もの書き読書会】。
大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。

【今回読む作品】
・スラヴォイ・ジジェク,2020,「My Dream of Wuhan(私の武漢という夢)」
※当日は山下が翻訳したものを配布します。

【当日のタイムテーブル】
‪19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)‬
‪19:10 読んでみよう(15分)‬
‪19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)‬
‪20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)‬
‪20:20 休憩(10分)‬
‪20:30 実際に書いてみよう(50分)‬
‪21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)‬
‪21:45 まとめ・次回予告(15分)‬
‪22:00 終了‬


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき) 【定員】7名
〜初めての方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】 
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=46a0536699982bcb

【場所】ことばを食べるカフェ・みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分


【主催者紹介】
・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル〈アレ★Club〉代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻は戦後ドイツ思想。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪市生まれ岸和田市経由大阪市育ち。同人サークル〈アレ★Club〉事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、現在はフリーライターとして活動中。専攻はフランス方面の哲学

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。昨年の夏には念願のジャンル不定カルチャーWebマガジン「コレ!」をオープンした。
※「コレ!」:https://are-club.com/

・『アレ』
〈アレ★Club〉が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。最新号であるVol.7では「休―rest, break, in-active」という特集を組み、哲学者の國分功一郎氏、動物行動学者の佐藤克文氏にインタビューを行った。現在、早くも次の新刊『アレ』Vol.8を鋭意制作中。

2020011210580615b.jpeg









テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】2月11日(火祝)11時〜【ケア・セラピー読書会】

20200205212648283.jpeg

2月11日(月祝)11時〜12時30分
【ケア・セラピー読書会】〜ご予約で満席になりました〜

誰もが「生きづらさ」を抱える今、心身のケアやセラピーについて、ともに考え語り合う読書会を開催いたします。

初回は『居るのはつらいよ』東畑開人氏の著作を取り上げます。
https://honto.jp/netstore/pd-book_29493483.html

ケア・セラピーに興味があるという方から、もどかしい思いを抱えている方も、
読書会を通じて新たな発見や可能性を見いだせたらいいな、と思っています。


【参加費】500円(場所代お茶付き)【定員】7名
本をお持ちの方は持参願います。
ばっちり読み込んだ方からちょっと気になるの未読の方までどうぞお気軽にご参加ください。

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=5f564a44caa8478e

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分

【主催】前川仁美
奈良の福祉施設に勤務。ご利用者とのかかわり方に悩み、ケアについて勉強中です。


テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】2月8日(土)14時〜【ことばを食べる句会講座〜春呼み句会〜】

20200201120340ebc.jpeg

2020年2月8日(土)14時〜17時、俳人藤田亜未による【ことばを食べる句会講座〜春呼み句会〜】を開催いたします!〜ご予約で満席になりました〜

節分を過ぎると、ようやく春の足音が近づいてきます。梅が咲き始めたり、バレンタインデーもやって来ます。
2月は初春を詠んで新しい春を呼んでみましょう。

【講座内容】

① ご挨拶・俳句の基本

② 初春の句のご紹介

メロンパン体内すこし朧なり 
春空に鞠とゞまるは落つるとき
言ひつのる唇うつくしや春の宵

ー思ったことを皆さんで話してみましょう。
ー作者のことも考えてみましょう。
ー楽しい俳句穴埋めクイズもあります。

③ 春の気配やバレンタインをテーマに俳句を詠んでみましょう。


『ことばを食べるかんじクッキー』を食べながら、みなさんと一緒に575の言葉の可能性を探り、俳句に親しむ講座。
俳句を始めたばかりの方、俳句をやってみたいけれど敷居が高い、としり込みをしている方も、ぜひことばを食べに来てください。

■講 師 : 藤田亜未
俳句 『船団の会』会員。2015年より柿衛文庫若手による若手のための俳句講座「俳句ラボ」講師。

■受講料: 1回1000円 (お茶菓子付)

■参加方法 :
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=d663cf8bd4368497

■持ち物 : 筆記用具(あれば歳時記)
※ 飲食持込自由

■場 所 : ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄谷町線 谷町六丁目駅 ②出口~徒歩3分

※お子様連れの場合は事前にお申し出ください




テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

2020年、新年のごあいさつ

20200105135755d41.jpeg

\明けましておめでとうございます/

みずうみは名前にちなんだ青い空間なのですが、水の中のような、空のようなイメージでいます。

宇宙での生活が視野に入る2020年代、世界は空を超えて果てしなく広がり、AIにも理解できない人の心は底の見えない海のように謎めき深まっている・・・とても小さな場所ですが、ここから広く世界と深く心の中へまでアクセスできるようになっていけたらと思っています。

言葉は、人と人との対話はその力を秘めている。
誰も簡単に説明できない場所ですが、
2020年代も未知のまま続きます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年1月 ことばを食べるカフェみずうみ


テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

1月26日(日)15時〜ことばに出会う読み語り会〜「雪」のブックトーク〜

20200122202007593.jpeg

かじかんだ手に吹きかけた息が、いつまでも宙に停滞する季節。
コートと窓の外を見比べて、天気予報に一喜一憂。
鈍色の雨雲を見ると、どんよりとした気分に。
それなのに、あまり降らない雪がちらつくと、不思議と心が弾んで眺めていたくなるのです…

今回のブックトークでは、しんしんと音もなく舞い落ちる、白く冷たい冬空の使者――『雪』についての本を、よみきかせを交えて何冊かご紹介します。

後半は、それらの本を実際に手に取って頂き、様々な「雪」について語り合ってみましょう。
ご参加、お待ちしております。

【日 時】 2020年 1月 26日 (日) 15時~17時

【参加費】 800円(お茶菓子つき)

【参加方法】メールにてお申し込みをお願いします。
mizuumiplan@gmail.com
件名:雪のブックトーク参加
内容:お名前

【場 所】 ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄谷町線谷町六丁目駅②〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌ho 2F

【主 催】空色工房
さまざまなテーマと独自のセレクトで本を選び、毎月「みずうみ」にてブックトークを開催しています。








テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】1月25日(土)19時〜夜喫茶【星のみずうみ】水瓶座Aquarius

20200119152924800.jpeg

1月25日(土)19時〜21時【夜喫茶〈星のみずうみ〉水瓶座 Aquarius】オープンします!

★彡占星術カウンセラー:コトーがあなたのホロスコープをもとにお話しする夜喫茶★彡

\\魚座から始まった星座シリーズの最終回です//
各星座はそれぞれ特性を持っています。そして、実は誰もが自身の中に12星座全てを持ち合わせています!馴染みのある星座、ない星座に関わらず、自分の本質を生きるには全ての星座を統合していくことが大切です。

そこで、太陽が水瓶座に入ったばかりの1月の夜は、あなたの中の水瓶座について考えてみませんか?
互いの個性と自由を尊重し、独自の視点と先見性で固定観念を覆す革新的な水瓶座。

また今年2020年は、春から初夏にかけて一時的に土星が山羊座から水瓶座に移り、そして年末には木星と土星が水瓶座で重なるビックイベントが!世の中的に水瓶座のムードがかなり高まります。
そして夜喫茶当日は水瓶座の新月でもあります。

仕事、人間関係、勉強など、あなたがどこで水瓶座を使っているか、そして早くも春夏と年末を見越した水瓶座的タスクを、
占星術カウンセラー:コトーがお一人ずつ出生図(ホロスコープ)を確認してお伝えします!

内容は参加者みんなでシェア★思いがけない新たな視点が飛び出すかもしれません?!

★彡紅茶は、世界三大紅茶の一つ〈ウバ〉をご用意。メンソール系の個性的で爽快な香りを感じて・・・星を食べるお菓子と一緒に★彡

【参加費】1000円(お茶菓子つき)【定員】7名

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2d91577ef7fcb565

※ 初めてご参加の方は、事前に生年月日・出生時間・出生場所(◯◯市)をお伝えください。


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分


★彡★彡★彡
そして、会の後には【個別セッション】を【イベント特別価格20分2000円(時間&価格改定致しました)】で2コマご用意しております。ご希望の方はお申し込みの際にお知らせください。当日でも枠に空きがあれば受付致します。お気軽にどうぞ。
①21:15〜21:35 ②21:40〜22:00

2019072020370126f.jpeg

【占星術カウンセラー:コトー】
「あなたらしさを諦めない」をキーワードにまだ気付いていなかったあなた自身をホロスコープを通して言語化し、自分をより深く知ることであなたの心から望む方向へ歩き出すお手伝い。普段はモコモコしてますが、カウンセリングではガツガツみます!

ブログはこちら☆彡(これまでの星のみずうみのレポートも!)http://blog.livedoor.jp/astrokotoh/
☆彡1.22(水)最新記事up!「水瓶座ってなんだろな?」
http://blog.livedoor.jp/astrokotoh/archives/21669727.html




テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
最新記事
カテゴリ
「ことばを食べるかんじクッキー」
ー記憶の砂底に眠ることばの化石ー みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。

全成分:小麦粉 砂糖 卵 米油 塩
※有人時のメニュー&イベントで提供中!どんな言葉が食べられるかは来てみてのお楽しみです♪ ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
お問合せ・ご連絡・ご予約にご利用ください。追って返信いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan★gmail.com(★→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
【みずうみプラン:企画・編集】
★自己の拡張または他者への受け渡し、各々の鏡、生活と共にある野生のメディア、長期的インスタレーション作品「みずうみ」運営。また「ことばを食べるカフェ」として様々な漢字の形の「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。

WORK>●聞く話す、インタビュー
●書き起こし、記事ページ作成、ネーミング、キャッチコピー、案内文、文章、デザイン・イメージ作成(WEB・印刷物)、本作り、出版
●コラボレーション(もうひとりのあなたとして)様々なアイデア出し、企画、編集、実務、共感、優しさ
●コラボ企画&場所貸し(読書会、WS、教室、お茶会、会議、販売、展示、公演、インスタレーション等)
●占…本格タロット・東洋西洋占星術

★"もうひとりのあなたとして"じっくり話し合い柔軟かつ真剣にご対応。
★現在、一緒にブックカフェをしてくれる方そして物件を募集中です!
ご連絡ご相談ご依頼はこちらから>
mizuumiplan★gmail.com(★→@)
ご連絡・ご予約フォーム