ご案内・メニュー

mizuumi.jpg

【オープン 11時〜21時 (水曜定休)】
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄谷町六丁目②出口〜徒歩3分

みずうみは、1冊の本であり大阪・谷町六丁目に実在する、対話を軸とした学びと表現のための場所です。
夢と現実のはざま、あなた自身を巡る観光スポット・あなたが映る野生のメディア『みずうみ』へようこそ!
~ここには、あなたのための言葉が眠っています~


【 メニュー 】 ★飲食持込自由・寄付差入歓迎★

【無人時】 静かな青い空間で、休憩や読書や対話、また観光や撮影をお楽しみください(投銭制)
20161103121129561.jpeg


【有人時】(19時~21時)※居ない場合もあるので有用時はご連絡頂けると確実です(ご連絡フォーム
● お話しカフェ(お話きいてます)(投銭制)
  (option)占★本格タロット★四柱推命(各30分1000円)
20170404202147361.jpeg

● 企画持込受付・打合せ(一緒に企画・広報します!)
(読書会・クラス・WS・ギャラリー使用・インスタレーション・公演・お茶会・物販etc)
(1企画場所代込3時間3000円 ギャラリー1週間5000円)
★ 毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています ★ 詳しくはタイムラインをご覧ください ★
people.jpg


● ことばを食べるかんじクッキー
みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。
(全成分:小麦粉 砂糖 卵 米油 塩 )
※現在、みずうみのイベントで提供中彡(一緒にカフェをしてくれる方・物件を募集中!)
どんな言葉が食べられるかは来てみてのお楽しみです♪
spring.jpg


【メディア】

● チャンネル【mizuumi】開設!
教育風番組やショートムービーをUPしています彡
20190309154648515.jpeg

● 雑誌『みずうみ』ー春夏秋冬1シーズンに1冊発行しています(全20頁1冊300円)
※ 2019年6月「花」号リニューアル増刷彡
~みずうみにあるので、手に取ってみてください~
20181107215245ac7.jpeg

\\通販始めました//
https://mizuumi.base.shop/items/21257223


ことばを食べるカフェみずうみ
オープン 11時〜21時 水曜定休
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄谷町六丁目②出口〜徒歩3分

メール:mizuumiplan★gmail.com(★→@)
お問い合わせ・ご連絡・ご予約フォーム






テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

7月イベントスケジュール

201907042048446f6.jpeg

〜7月も毎週、何かとやっています〜check it up!
〜各イベント1週間前には詳細をアップします〜

7.7(日)14時〜七夕句会(満席)
7.13(土)19時〜ものを書くための、読書会
7.15(月)17時〜詩作&朗読WS「海」のアーティスト
7.20(土)11時〜箱庭カフェ
7.21(日)14時〜「電話」の持ち寄り読書会
7.26(金)19時〜夜学「手紙をかく会」@ココルーム
7.27(土)13時〜(仮)佐々木ののかお茶会
7.27(土)19時〜夜喫茶「星のみずうみ」獅子座

オープン 11時〜21時 水曜定休
11時〜無人オープン
19時〜お話しカフェ・企画受付・占い
〜イベント以外もどうぞお楽しみください〜

ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌ho2F




テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

7.20(土)11時〜18時【箱庭カフェ】

20190715121937df3.jpeg

7月20日(土)11時〜18時〈自分の内面を映してみる〉【箱庭カフェ】in みずうみ、オープンします!

みずうみは水面に映る自分と対話する場所であり、その砂底にはたくさんの記憶が眠っています。

箱庭を通して、あなたの奥深くに眠る物語に耳をすませてみませんか?
案内人〈佐野いづみ〉が、あなたの物語をひも解くお手伝いをします。

【自分を映す箱庭体験】1時間 ¥2000 お茶菓子つき

【時間枠】
11時〜12時
13時〜14時
14時〜15時 ご予約済み
15時〜16時
16時〜17時 ご予約済み
17時〜18時

【ご予約制】
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=426ccd6a47b5ecca

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分

【案内人】佐野いづみ
コラージュワーク、フラワーエッセンス、箱庭等等、大阪・奈良・徳島にて、多数の個人セッションやイベントを精力的に実践中。4児の母。ブログはこちら
https://profile.ameba.jp/ameba/petit-cosmos

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

7.21(日)14時〜「電話」の持ち寄り読書会

2019071220213387c.jpeg

7月21日(日)14時〜16時【電話の持ち寄り読書会】開催いたします!〜ご参加受付中〜

ずっと離れた所にいて、お互いの姿は見えないのに、すぐそばで話しているような。
電話って不思議ですね。
TELの語源は tele 遠くのー現在では私たちはそれを離さずそばに置いて暮らしています。

カフェみずうみ持ち寄り読書会、7月のテーマは【電話】

電話から始まる物語、電話のトリックミステリー、コールセンターのお話、などなど〈電話〉をテーマにあなたのおススメ本をご紹介ください。

魅惑の装置〈電話〉についてさまざまな角度から皆さんで語り考えてみましょう。

〜初めての方もどうぞお気軽にご参加ください〜

【参加費】¥500(お茶菓子つき)

【参加方法】下記メールフォームからお申込みいただけます。
https://form1ssl.fc2.com/post/?id=5b955b9b0e77c462
今回は電話でのお申し込みも受け付けております。
080-4391-4911(カフェみずうみ)

※ 〈電話〉をテーマにオススメ本をお持ち下さい(ジャンル不問・寄贈不要)

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

七月七日は晴れて、七夕句会

20190712011204c43.jpeg

七月七日 ことばを食べる句会〜七夕句会〜

去年は大雨で天の川が氾濫し、流れてしまった七夕句会。今年は晴れて開催できました!

七夕の名句を学び、それぞれ自分でも七夕に関する句をいくつか作って、皆さんで合評し合いました。
ことばを食べるかんじクッキーは「星」
最後に七夕の願いごとの句を短冊に書いて、笹に飾る。

彡とれたての、海月(くらげ)の句をご紹介彡
太陽の波間に溶ける水海月
蒼海の鼓動となりぬ海月かな

20190712011837f32.jpeg


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

7.13(土)19時〜【ものを書くための、読書会 〜橋/扉〜】

20190707155242f81.jpeg

7月13日(土)19時〜22時 "読んで、話して、書いてみる"【ものを書くための、読書会〜橋/扉〜】〜ご参加受付中〜

カルチャー誌『アレ』を発行している、Web発評論系同人サークル〈アレ★Club〉が、今月も〈みずうみ〉で【ものを書くための、読書会】を開催します!

今回取り上げる予定のテクストは、『ジンメル・コレクション』(1999年,筑摩書房)より、「橋と扉」(1909)です。

ゲオルク・ジンメル(1858-1918)はドイツの社会学者・哲学者で、哲学的エッセイの書き手として知られています。今回読む「橋と扉」もまた、標題の通り、人間が橋や扉に出会う際、どのような感覚の違いが生じているのか、ということについて書かれたエッセイです。生活の内と外、それを繋げる橋と扉は、私たちにどんな感覚を与えるのでしょうか。

大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、読書会に参加したことがない方、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。

【今回読む作品】
・ゲオルグ・ジンメル,1909=1999,「橋と扉」(『ジンメル・コレクション』収録,筑摩書房).
※当日作品のコピーを配布します。

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき)
【定員】7名
〜初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】
下記メールフォームからのお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=77555b7daac4d824

【場所】ことばを食べるカフェ・みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【主催者紹介】
20190613214633875.jpeg

・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル〈アレ★Club〉代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。昨年の夏には念願のジャンル不定カルチャーWebマガジン「コレ!」をオープンした。
※「コレ!」:https://are-club.com/

・『アレ』
〈アレ★Club〉が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。最新号であるVol.6では「食べる人(ホモ・エデンス)という特集を組み、発酵デザイナーの小倉ヒラク氏、文化人類学者の朝倉敏夫氏にインタビューを行った。現在、新刊『アレ』Vol.7を鋭意制作中。

20190519162842c6d.jpeg




テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

7.15(海の日)17時〜詩作と朗読のWS【夜のアーティスト】テーマ:海

201907062208139b8.jpeg

7月15日(月)海の日17時〜19時、詩作と朗読のワークショップ【夜のアーティスト】テーマ:海

声開き!おひさしぶりの再開となる「夜のアーティスト」海の日に開催する運びとなりました。
参加者で楽しく言葉を交換しながら、それぞれオリジナルの詩を作り、朗読もするワークショップです。

水の中にいるような小さな青い空間みずうみから海へと想像を広げて…さざ波がどんな言葉を運んでくるでしょう?

①チェックイン(自己紹介)
②創作(今回は海がテーマ)
③詩作&朗読

上述のワークショップ内容となっております。
テーマに沿ったお題をいくつか用意し、物語や詩を作るのが初めて、という方向けに準備しておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

【参加費】¥1000(お茶菓子つき)定員7名

【参加方法】下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/post/?id=cb4a404fb5bade60

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho) 2F

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
最新記事
カテゴリ
「ことばを食べるかんじクッキー」
みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。

全成分:小麦粉 砂糖 卵 米油 塩
※現在みずうみのイベントで提供中
どんな言葉が食べられるかは来てみてのお楽しみです♪ ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
お問合せ・ご連絡・ご予約にご利用ください。追って返信いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan★gmail.com(★→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営、3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡