ことばを食べるカフェ みずうみ ご案内




【 オープン 11:00-21:00  水曜定休 】
11:00-15:00 無人 (対話や読書空間として利用可)
15:00-21:00 有人(ことばを食べるカフェ・企画持込受付・期間ごとにテーマを設けた古本市・裏メニューあり)
かんじクッキー個別注文受付 (1個¥200税込)
文化的なイベントでのご使用も歓迎です!

前日迄に連絡頂ければ翌日には仕上がります。
漢字の指定やご提案も可能です。
お渡しは、みずうみに取りに来ていただくか、難しければ郵送も可能です。
ご注文はみずうみにて、もしくはメールにて。

メールの場合は
お名前・電話番号・ご住所・希望する漢字と個数・お渡し希望日時・お渡し方法・の記載をお願いします。

mail@mizuumi-plan.com


【 アクセス 】
地下鉄 谷町六丁目④出口〜徒歩3分 (④出口すぐ横の坂道を下り右に曲がると公園の横に水の湧き出ずる)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho) 2F

【 小さな文化的なイベントを毎週開催しています 】
気になるものがありましたら、ご参加・お問合わせお待ちしております。mail@mizuumi-plan.com



【空堀観光スポット・超文化系カフェ・ギャラリー・まちライブラリー・本の中で言葉を食べる・水の底にいるような青い空間】

【みずうみの特徴】
「ことばを食べる かんじクッキー」  いろんな漢字の形をしたクッキーを作っています。
〈 本の中に入って言葉を取り出すような感覚で、本当に言葉を食べられます 〉

【 無人時 】 ギャラリー・読書・対話の場所として開いています。お気軽にお立ち寄りください 〈 飲食持込自由 〉
【 ¥中にある小さなみずうみにお気持ちを入れてください 】 ♨︎

【 中で楽しめるプラスアルファ・メニュー 】
☆ 占い ( タロット1回¥500 )〈 お茶菓子つき 〉

♪ 本を食べものに見立てた名物【冷蔵庫本棚】があります ♪



【アクセス】地下鉄 谷町六丁目④出口〜徒歩3分
(④出口すぐ横の坂道を下り右に曲がると公園の横に水の湧き出ずる)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌(ho)」2F

mail@mizuumi-plan.com

http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/

http://twitter.com/cafe_mizuumi

ことばを食べるカフェ みずうみ は、
流されがちで記号的になってしまってるように感じる、私たちの文化の源である ”言葉” をもっとひとつひとつ食べるように味わっていくような文化を発信したいーという思いから2015年12月に始まりました。

そのための看板商品、
言葉を食べるイメージを実現化した、日替りの漢字の形をした ”かんじクッキー” を焼いて販売しています。


ことばを食べる かんじクッキー ™️ 商標登録申請中

言葉の中でも漢字については、1つ1つがその造形と概念に完結した魅力を持っています。
言葉を食べて体ごとその言葉を思ってみる。。自分の中にあったひとつひとつの言葉の魅力を再発見していただけますように。。空堀のお土産にもどうぞ ♪

言葉(漢字)の形を楽しみ、”それぞれの言葉の意味合いを味わう” という主旨から、素材は極力シンプルにしました。
素朴で体に優しい懐かしい味わいのクッキーです。

全成分:小麦粉・三温糖・卵・米油・オリーブオイル・塩

☆ ご注文も承っております ☆
☆ イベントでの使用やプレゼントにも ☆
(文字の指定・提案可能)
mail@mizuumi-plan.com

【オープン 11:00-21:00 水曜定休】
11:00-15:00 無人 (対話や読書空間として利用可)
15:00-21:00 有人(ことばを食べるカフェ・期間ごとにテーマを設けた古本市)

☆ 随時、文化的テーマを設けた小さなイベントを開いています。詳しくはページ上部のスケジュールをご覧ください。


地下鉄 谷町六丁目④出口〜徒歩3分(④出口すぐ横の坂道を下り右に曲がると公園の横に水の湧き出ずる)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌(ho)」2F
直木賞の直木三十五記念館の手前、コワーキングスペース往来さんの真向かい








©️ 2015 mizuumiplan

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

9.10(日)14時〜『人工地獄 アートと観客の政治学』読書会


2017年9月10日(日)14時-16時
クレア・ビショップ『人工地獄 アートと観客の政治学』の読書会を開催いたします!

日本各地でさまざまな芸術祭が開催されています。その実体もさまざまですが、それに対する意見もさまざまです。
各地の芸術祭の話も交えつつ、『人工地獄』を読んだ感想や意見を皆で話しましょう!

堅苦しい会でなく、さまざまな立場の人が気軽に意見交換できる会にしたいと考えております。お気軽にご参加ください。


~~参加条件~~

・『人工地獄』の本は各自入手してください。
・各回ごとに読む章をお知らせしますので、事前に読んできてください。

〈今回読む章〉
第1章後半〜第2章を少しずつ読む予定です。

【参加費(会場費)】
初めて参加される方は200円(お茶菓子付き)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:人工地獄読書会参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

【定員】7名

【場所】大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho)2F
〈ことばを食べるカフェ みずうみ〉
地下鉄谷町線 谷町六丁目④出口〜徒歩3分


〜〜主催プロフィール〜〜

【相模奈々】会社員+大学院生。
社会学の観点から、アートとまちづくりの関係性について考えています。具体的には、地域住民の方々が、自分たちの活動のひとつとしてアートを受け入れる過程に関心があります。
本を読んだり具体的事例に触れつつ学ぶことが好きです。

【荒川莉佳子】大学院生
「アートは地域社会のなかでどのような位置づけに置かれるのか」という疑問のもと、ドヤ街や遊郭街、それに隣接した地域でおこなわれているアートプロジェクトの研究や、2000年初頭に終了したアートプロジェクトの研究などをしています。地域住民や関係者による「語り」に注目し、インタビューやフィールドワークなどをおこなってます。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

8.26(土)19時〜【絵本を食べるカフェ~夜のもののけ絵本Bar】


8.26(土)よる19時〜21時
【絵本を食べるカフェ~夜のもののけ絵本Bar】

\一冊の絵本を食べるように味わうカフェ/
絵本を食べるカフェは、
参加者みんなで絵本を
とことんじっくりと味わう、
大人のためのイベントです。

☆ 絵本を食べるカフェ 今回のメニューは ☆
【テーマ:夜のもののけ絵本Bar】

今月のテーマは、【妖怪・もののけ・怪談】。

夏の夜。
浴衣姿でビール片手に、
もののけ絵本を眺めながら、
怪談話。

お盆は過ぎましたが、
モノノケ(物の気・物の怪)の物語で
見える人も見えない人も、
見えるものも見えないものも、
共存するこの世を
感じ語りあいましょう。

ナビゲーター: Chizuko Shinohara


◆参加費 ¥800 (「ことばを食べる かんじクッキー」&お茶付)
※お酒とおつまみを各自ご持参ください。
(お酒でなくても好きな飲み物で大丈夫です)
※浴衣でご参加の方は参加費100円引き もしくは ビール1本プレゼント♪

◆場所:ことばをたべるカフェ みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄谷町線 谷町六丁目④徒歩3分

◆参加方法:
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:絵本を食べるカフェ参加 内容:氏名
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

★ 当日は18時〜(お祭りというか)ビアガーデンがあります。ビール¥200、焼きそば¥100!?
ビールと焼きそば片手に、どうぞお祭り屋台気分でもののけ絵本を食べるカフェへ、よってらっしゃいみてらっしゃい ♪


★当イベントが終了するまで【妖怪・もののけ・怪談】をテーマにした本棚も設置予定です。こちらもお楽しみください ♪


テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】8.18(金)20時〜【タロットの夜〜魔法使いの勉強会】


8.18(金)20〜22時【タロットの夜〜魔法使いの勉強会】★小さな魔法の教室★
\占師マリア・カヤーノによる、タロットカードお話し勉強会 〜魔術師 編〜/

戦車・塔・恋人・審判・運命の輪・・・一枚一枚が深い示唆に富み、歴史深く神秘的なタロット占い。

ひとりでもふたりでもみんなでも、ちょっとタロットを取り出すと、マジカルなムードを楽しめたり、迷いをカードに委ねてみたり…と使える場面は沢山!
現実的な日々にタロットのマジカルな魅力を取り入れるための、対話型の楽しいワークショップ・クラスです。


①【イマジネーション】タロットカードの中に入るワーク
ータロットの魔力を使うには、イメージ力が最も重要。
今回は〈Ⅰ 魔術師 magician〉のカードの中に入ってみるワークです。
カードの中で、それぞれどんな魔法が起こるかイメージしてみましょう。

②【知識】今回のタロットカードの意味・解釈、タロットの歴史プチ講座

③【技術】デッキ・シャッフル・カードの引き方講座

④【実践】気になることを自分で占ってみる

⑤【鑑定】占師カヤーノに今一番気になることを占ってもらう。(20種類のタロットデッキから好きなものを選べます)

タロットにちょっと興味があるけど深くはわからないという方も歓迎です。
ちょっとした魔法使いのクラスのつもりで楽しく学びましょう ♪

【参加費】¥1000 【定員】7名
★夜空を食べるクッキー&魔女の紅茶・タロット占付★

★タロットカード・コレクター占師カヤーノならではの【20種の選べる!タロット・バー】★
(猫や鳥や魔夜峰央!などなど、20種のタロットデッキから好きなものを選んでタロット占い☆このコレクションは見ものです)


【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:タロットの夜参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

〈 みなさまへお願いです 〉



みずうみは2016年5月に空堀で始めてから毎週、文化的なイベントを皆さんと一緒に実施し、たくさんの方に遊びにきて頂きました。

しかしまだ同じことをずっと繰り返していく段階ではないので、新しい方向性のひとつとして、場所を移して本当のカフェにしたいと思っています。
(今の場所では興味をもって頂いても、イベント以外では入りにくい…というのが理由です)

対話を通して色んな文化をじっくりと味わっていけるような、大阪の文化スポット・観光カフェをつくっていきたいです。


意外ないい場所・やり方を思いついた方はどうか、教えて頂けると嬉しいです。
(メッセージでも直接でも)
どうぞよろしくお願いいたします!

『ことばを食べるカフェみずうみ』

メール mail@mizuumi-plan.com
Facebook
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
Twitter
http://twitter.com/cafe_mizuumi

【オープン 11:00〜21:00 水曜定休】
〜8.13(日)-8.16(水)はお盆休みです〜
11〜15時 (無人) 読書や対話の場として
15〜21時 (有人) 言葉を食べるカフェ・漢字クッキー注文・企画持込受付・古本市・タロット占

地下鉄 谷町六丁目④出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F



テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

【満席】8.20(日)14時〜【幽霊たちの読書会】(残席1)


8月20日(日)14〜16時【幽霊たちの読書会】

う、ら、め、し、い、なんて。
幽霊たちが帰ってくると噂の8月、〈幽霊〉をテーマに〈持ち寄り読書会〉を開催いたします!

あなたの〈好きな幽霊〉が出てくる本や〈怖〜い幽霊〉が出てくる本を教えてくださいね。

幽霊に限らず、妖怪や怪談話も◉
ベタな幽霊や妖怪のお話でも、その魅力をみなさんで再確認できたら良いなと思います。

また時間があれば、トピックとして
・自分が体験した怖〜い話
・死後は(幽霊になったら)何をしたいか
・オーソドックスな幽霊・妖怪を挙げて考察
・西洋と東洋での死と霊魂観の違い

そんなこともお話できればと思います。

晩夏の水辺のみずうみに、さてどんな幽霊たちが集結するでしょう?
読書を通しての交流と、納涼の機会に、どうぞお気軽にお越しください。

【参加費】¥500 【定員】7名
ことばを食べる漢字クッキー&ひんやり飲み物付

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:幽霊読書会参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


※ テーマ〈幽霊・妖怪・怪談〉でオススメ本をお持ちください。
(短編でも長編でも可・ジャンル不問・寄贈不要)

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目④出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho) 2F

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【残席わずか】8.19(土)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.6】


8月19日(土)よる19時〜22時
\読んで、話して、書いてみる/
【ものを書くための、読書会 vol.6】

ますます勢いに乗る、大阪発の“評論系“同人サークル<アレ★Club>の「ものを書くためのワークショップ」を、今回も<みずうみ>で開催いたします!

「ちょっとしたエッセイを書いてみたい」、「エッセイの書き方とかノウハウを知りたい」という方向けに、短めのエッセイを読みながら、エッセイの書き方を学んでみるワークショップです。

実際に『アレ』に収録しているエッセイを皆さんと一緒にじっくり読み解いていきながら、エッセイの書き方について<アレ★Club>のメンバーがレクチャーいたします。
とりわけ今回は、文法の視点から文章の構成法についてお話する予定です。


【今回読む作品】
★『アレ』Vol.1より、難民「『堕落ごっこ』のススメ」
※当日、作品のコピーを配布します。

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 【定員】7名
(ことばを食べるかんじクッキー+飲み物付)
今回はスペシャルゲスト登場 彡
初めての方も数回目の方も、お気軽にご参加ください!

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みお願いします
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F


【主催者紹介】

(POPを書く代表の山下さん)
・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻は哲学(フランス方面)。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論系同人誌サークル。昨年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。現在、今年5月7日に開催された第二十四回文学フリマ東京で初頒布した『アレ』Vol.2を絶賛委託・通販中。


・『アレ』
同人サークル<アレ★Club>が作っているジャンル不定カルチャー誌。新刊のVol.2では「メディアの現在地点」という特集を組み、ゲームAI開発者の三宅陽一郎氏と、『アーキテクチャの生態系』で知られる情報環境論者の濱野智史氏にインタビューを行った。現在『アレ』Vol.3を鋭意制作中です!


テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
イベントについて
毎週末と平日の夜にさまざまな文化的なイベントを開催しています。
現在「ことばを食べるカフェみずうみ」Facebookページにてイベント最新情報を確認いただけます。

ご興味のあるイベントがありましたら、メールをいただきましたら追って返信いたします。
カテゴリ
プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi

○在宅とオフィスで、コールセンター業務をしています(お金になるのはこれ!)

○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

自宅で ことばをたべるライブラリー みずうみ として、本を介してゆっくりお茶しながらお話できる対話空間をひっそりスタートしました。

このサイトでは、みずうみの紹介、日常で考えたこと、イラスト、食などについてアップしています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: yumi sudani

月別アーカイブ