【満席】4月8日(日)14時〜【変身、読書会】


4月8日(日)14時〜16時【変身、読書会】を開催いたします!

~本を一冊読んだ後は、別の私になっている?~

4月、環境が新しくなるとともに、自分自身が変わってしまうような変化の時期がやってきましたね。

みずうみ持ち寄り読書会シリーズ、
今回のテーマは〈変身 change 〉です。

本を通して、別の自分になる。
人が変身する様を文章でどのように描くことができるのでしょう。
さまざまな変身の在り方を知り、変わっていくものごとや自分について皆さんで考えてみましょう。

ファンタジーによる変身ものや、長い時間をかけて人やものごとが変わるストーリー、科学的に変身を捉える本、この本を読んで私は変わったという切り口も良いと思います。
〈変身〉をテーマにおススメ本のお話をご紹介ください。

あなたはこの春、何になりたいですか?

〜どなたもお気軽にご参加ください〜

【参加費】¥500
(ことばを食べるかんじクッキー&お茶つき)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:変身読書会参加 内容:お名前

もしくは
Facebook or Twitter でメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


※〈変身〉をテーマにオススメの本をお持ち下さい(ジャンル不問・寄贈不要)

今まさに春用に変身中のカフェみずうみの内装もお楽しみ頂けます ♪

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

春のもよう替え進行中


【みずうみ春のもよう替え中!4月のテーマは〈変身〉です】

ベースカラーが春らしく水色になりましたが、変化はまだまだこれからです。
アーティスト・コリンスミスさんの手によって、あんなものやこんなものが水中に現れる、、!乞うご期待です彡


4月21日から始まる【物語する芸術祭 in空堀】にむけて空間を楽しんでもらうパフォーマンスも企画中。遊びにきてね!

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

3.21 春分の日 14時〜【『源氏物語』を読む~六条御息所の段~】


3月21日(水)春分の日、14時〜【『源氏物語』を読む~六条御息所の段~】を開催いたします。

恋の季節、春がやってまいりました。
登場人物にスポットをあてながら、『源氏物語』を味わう【『源氏物語』を読む】シリーズが始まります。

今回は、光源氏に恋焦がれるばかりに、生霊と化してしまった〈六条御息所〉。彼女の思いに焦点をあて、それぞれ所感など自由に語り合いながら、読み進めてみましょう。

古典が好き、源氏物語を読み返してみたい、などなど、未読の方もお気軽にご参加ください。

【参加費】¥500(お茶菓子つき)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:源氏物語を読む参加 内容:お名前

もしくは
Facebook or Twitter でメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho) 2F


テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】3.24(土)19時〜【アート批評ワークショップ〜みることとかくこと〜】


3月24日(土)19:00~21:00
【アート批評ワークショップ #01 みることとかくこと】を開催いたします!

〜みかたひろまる日常実践〜

ものや出来事をみたり考えたりするなかで、どのように書くことができるのでしょうか。
あるいは書くことによって、みたり考えたりすることを広めていくことができるのでしょうか。
日常実践の試みとしていま求められるアート批評の可能性について、いくつかのアート作品とともに気楽に考えてみましょう!

ワークショップでは短い批評文(クリティック)をつくって語り合います。

アート・哲学・対話・ライティング・批評、どれかひとつでも興味のある方、実際に作品を制作している方、それに限らず自らの視点でものを見たり、それを言葉や文章で人に伝えることに興味のある方、
どうぞお気軽にご参加ください。


【タイムテーブル】

◆自己紹介&テーマ共有◆ 20分

◆みること◆
鈴木理策「水鏡」/ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」ほか
・レクチャー(作品と批評を紹介します)*1 20分
・ワークショップ①(アート批評を書く・意見交換) 20分

◆かくこと◆
ノエル・キャロル『批評について 芸術批評の哲学』ほか
・レクチャー(要約と話題をシェアします)*2 20分
・ワークショップ②(アート批評を書きなおす・意見交換) 20分

◆まとめ◆ 20分


【参加費】1000円 (お茶菓子つき)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:アート批評ワークショップ参加 内容:お名前

もしくは
Facebook or Twitter でメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

※ 遠方・会場まで来れない方へ向けて無料のWEB会議システムを導入しています。ご希望の方はその旨お伝えください。


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*1:詳細の内容については、参加予定の方に事前資料にてお伝えします。
*2:『批評について 芸術批評の哲学』では主に「はじめに」「訳者あとがき」を扱います。


アートや批評について考えてみたい人、作品制作や批評活動を行っている人、そして日常の出来事をいつもとは違った視点からみてみたい人へ。

事前に資料を配布し、意見交換を行いながら、アートや批評についての考えを深めていきます。
ワークショップでは、簡単なレビューを書いて、意見交換をして、さらに書き直すというプロセスをシェアできればと思います。
当日、考えてみたいテーマをお聞かせください!

企画:AP-séminaire
主催:Art-Phil art-phil.com



テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

3.17(土)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.12】


3月17日(土) 19時〜22時
〈 読んで、話して、書いてみる 〉
【ものを書くための、読書会 vol.12】ご参加受付中です!

Web発の“評論系”同人サークル<アレ★Club>の「ものを書くためのワークショップ」、今月も谷六の<みずうみ>で開催します。

今回も「ちょっとしたエッセイを書いてみたい」、「エッセイの書き方とかノウハウを知りたい」という方向けに、短いエッセイを実際に読みながらエッセイの書き方を学んでみるワークショップを実施いたします。エッセイの書き方については、<アレ★Club>のメンバーが優しくレクチャーします。

読書会に参加したことがない方や、「普段やってる読書会だけでは少し物足らない」と思う方、大歓迎です!

【今回読む作品】
村瀬秀信『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(講談社)
※テクストについては当日こちらでコピーを用意します。

【当日のタイムテーブル】
‪19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)‬
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 【定員】7名
(ことばを食べる漢字クッキー+紅茶つき)
初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい!

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みをお願いいたします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879

もしくは
Facebook or Twitter でメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分


【主催者紹介】

・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻は哲学(フランス方面)。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論系同人誌サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。現在、昨年11月に開催された第二十五回文学フリマ東京での初頒布を終え、新刊『アレ』Vol.3を絶賛販売中。


・『アレ』
同人サークル<アレ★Club>が作っているジャンル不定カルチャー誌のこと。新刊のVol.3では「『場所』はどこにある?」という特集を組み、文化活動家のアサダワタル氏と、建築家の塚本由晴氏にインタビューを行った。現在、今年春の刊行に向けて、新刊『アレ』Vol.4を鋭意制作中。

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi


○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

2015年12月から『ことばを食べるカフェみずうみ』を運営。訪れる様々な方とお話ししているうちに様々な企画が立ち上がっては実施するということを現在まで繰り返しています。人の文化の源流である言葉を対話の中でじっくりと味わい、より豊かな文化の土壌づくりを目指しています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: cafe_mizuumi