3.30(木)19:00 漢詩カフェ〜春夜喜レ雨(春夜雨を喜ぶ)ver.〜


3.30(木) 19:00〜21:00 漢字がいっぱい!
【漢詩カフェ 〜春夜喜レ雨 (春夜雨を喜ぶ)ver. 〜】オープンいたします!

好雨知時節
(よい雨は降るべき時節を知っており)
当春乃発生
(春になると降り出して万物が萌え始める)…杜甫

酒と孤独の詩人「李白(りはく)」の漢詩を中心に、漢詩の美しく情緒豊かな世界を先生に解説してもらいながら、感じたことなどを自由に話し合い学ぶ漢詩カフェです。

言葉で紡がれる美しい風景のような世界を味わってみましょう。


○ 一字一字の漢字からイメージできるものごとがあります。
「春」や「夜」や「雨」と、自分の名前の漢字を組み合わせて、美しい風景のような短い漢詩を試しに作ってみましょう。かっこいい自己紹介の詩ができるかもしれません。

【参加費】1000円(お茶菓子つき)

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F

(予約不要) 19:00〜21:00 オープンしているので、ご興味のある方はお気軽にお越しください ♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【漢詩カフェの先生のプロフィール】
津賀知敦(つがともあつ・PN)
関西の大学で経済学を教えている。
2016年11月、
俳句・短歌・漢詩・詩作・作詞・作曲など余る才能ををしたためた「琵琶の雨」を銀河書籍より自費出版。
漢詩の魅力を伝えていきたい。

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
メニュー
オープン 11時~21時 水曜定休

【無人時】静かな青い空間で、
読書や対話をお楽しみください
(飲食持込自由)(投げ銭制)

【有人時】(19時~21時)
●本の中のお話しカフェ(無料)
※お話したことがページになるかも
(かんじクッキー&飲物付 500円)
(かんじクッキー単品1個 300円)
(option 本格タロット占い 500円)
※飲食持込自由・寄付差入歓迎

●イベント企画受付(読書会等イベントを一緒に企画!場所代・企画広報込 3000円)
★毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています★詳しくはタイムラインをご覧ください★
最新記事
カテゴリ
『みずうみ』について
『ことばを食べるカフェみずうみ』は1冊の本であり、大阪・谷町六丁目に実在する対話のためのカフェです。訪れる方とお話しながら、日々リアルにページを綴っています。 あなたを巡るお話しカフェ、本の中でことばを食べるカフェへようこそ!

みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。
全成分:小麦粉 三温糖 卵 米油 塩
(1個300円・文字オーダーも可能) ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
イベント・お話カフェ・かんじクッキーご予約やご連絡にご利用下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan☆gmail.com(☆→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営。3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡