【残席僅か】3.20(水)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.22】

20190315221728d7f.jpeg

3月20日(水)19時〜22時 "読んで、話して、書いてみる"【ものを書くための、読書会 vol.22】

カルチャー誌『アレ』を発行している、Web発評論系同人サークル〈アレ★Club〉が、今月も〈みずうみ〉で【もの書き読書会】を開催します!

今回取り上げる予定の本は、マーシャル・マクルーハンという、いわゆる「メディア論」と呼ばれる分野の草分け的人物の主著『メディア論』です。「メディアとは身体の拡張である」と豪語する彼は、例えば「スコップ(シャベル)とは腕の拡張である」なんて言ったりもしています。

私たちは日頃、様々なメディアに取り囲まれて生活しています。それは新聞であったり、あるいはスマホであったり、さらにはスプーンや靴などもメディアの例として挙げられるでしょう。普段は意識しないこれらのものは、私たちに対してどのように働きかけているでしょうか。

今回の読書会では、こうしたことについてマクルーハンの知恵を借りながら考え、そして実際にものを書いてみたいと考えています。

大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、読書会に参加したことがない方、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。


【今回読む作品】
マーシャル・マクルーハン著,栗原裕/河本仲聖訳,1964=1987,『メディア論―人間の拡張の諸相』みすず書房.
※当日作品のコピーを配布します

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき)
【定員】7名
〜初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みをお願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879

【場所】ことばを食べるカフェ・みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20171115212732a41.jpeg

【主催者紹介】
・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻はフランス方面の哲学。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。昨年の夏には念願のジャンル不定カルチャーWebマガジン「コレ!」をオープンした。
※「コレ!」:https://are-club.com/

・『アレ』
<アレ★Club>が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。最新号であるVol.5では「Workを捉えなおす」という特集を組み、哲学者の小泉義之氏とアラン・バディウ氏に特別寄稿を寄せていただいた他、ゲーム研究者の井上明人氏、生命情報学者の山田拓司氏にインタビューを行った。現在、今年春に刊行予定の『アレ』Vol.6を制作中。

201812012145089b4.jpeg




テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

コメント

非公開コメント

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
メニュー
オープン 11時~21時 水曜定休

【無人時】静かな青い空間で、
休憩・読書・対話をお楽しみ下さい
※飲食持込自由(投銭制)

【有人時】(19時~21時)
●お話しカフェ(投銭制)
●占い★タロット★四柱推命
(本格的な占いです各1000円)
※飲食持込自由・寄付差入歓迎
※居ない場合もあるので有用時はメッセージ等ご連絡頂けると確実です

●企画受付・打ち合わせ
(読書会・WS・ギャラリー使用・公演・お茶会・物販etc・・・一緒に企画広報します!場所代込3000円~)
★毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています★詳しくはタイムラインをご覧ください★
最新記事
カテゴリ
「ことばを食べるかんじクッキー」
みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。

全成分:小麦粉 砂糖 卵 米油 塩
※現在みずうみのイベントで提供中
どんな言葉が食べられるかは来てみてのお楽しみです♪ ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
お問合せ・ご連絡・ご予約にご利用ください。追って返信いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan★gmail.com(★→@)
プロフィール

原 佑実 Hara Yumi

Author:原 佑実 Hara Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営、3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡