【満席】4.15(日)14時〜【大島弓子さん著『つるばらつるばら』読書会】


4月15日(日)14時〜17時【大島弓子著『つるばらつるばら』読書会】主催:SCOPEBOY BOOKS

2018年はマンガ家・大島弓子さんがデビューされて50年目の年となります。

50年間のご活躍を、一ファンが勝手に寿ぐイベントとして、2018年度、1年間かけて大島さんのいくつかの作品を読み解く読書会を開催致します。

まずは、第1回『つるばらつるばら』読書会を下記内容で開催します。

基本は『つるばらつるばら』についての話を予定していますが、
本作を中心に、大島さんの他のASUKA・ヤングロゼ時代の作品についても話題にしていければなぁと思っております。

本作しか知らない、あるいはまだよく知らないが大島弓子という作家に興味がある、という方も歓迎です。

『つるばらつるばら』という作品の魅力について、
また80年代後半~90年代の大島作品の豊潤さについて、じっくり語り合える場になればと思います。


【参加費】600円 (レジュメ・お茶菓子つき)
テキスト・・・白泉社文庫『つるばらつるばら』
※ 各自、当日ご持参ください。
(白泉社文庫をお持ちでない方は、他の版でも)
参加資格・・・18歳以上で、『つるばらつるばら』を一度でも読んだことのある方。

【参加方法】
メールにてご参加受付 (満席になりました)
mail@mizuumi-plan.com
タイトル:つるばらつるばら読書会参加
内容:お名前


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この読書会は、上述のように、今回を皮切りに1年間、2、3か月間隔で続ける予定です。
今後は、下記のような内容を予定しております。

夏(7月頃)『七月七日に』
秋(10月頃)『ダリアの帯』
冬(12月~来年1月頃)『バナナブレッドのプディング』

です。通しで、またはいずれかご興味のある回のみでも様々な方に参加していただければと思っております。

1年間、どうか宜しくお願い申し上げます。

【主催】リトルプレス発行レーベル〈SCOPEBOY BOOKS〉
Twitter@saramiura http://twitter.com/saramiura/
2012年『大島弓子の話をしよう』編集・発行

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
メニュー
オープン 11時~21時 水曜定休

【無人時】静かな青い空間で、
読書や対話をお楽しみください
(飲食持込自由)(投げ銭制)

【有人時】(19時~21時)
●本の中のお話しカフェ(無料)
※お話したことがページになるかも
(かんじクッキー&飲物付 500円)
(かんじクッキー単品1個 300円)
(option 本格タロット占い 500円)
※飲食持込自由・寄付差入歓迎

●イベント企画受付(読書会等イベントを一緒に企画!場所代・企画広報込 3000円)
★毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています★詳しくはタイムラインをご覧ください★
最新記事
カテゴリ
『みずうみ』について
『ことばを食べるカフェみずうみ』は1冊の本であり、大阪・谷町六丁目に実在する対話のためのカフェです。訪れる方とお話しながら、日々リアルにページを綴っています。 あなたを巡るお話しカフェ、本の中でことばを食べるカフェへようこそ!

みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。
全成分:小麦粉 三温糖 卵 米油 塩
(1個300円・文字オーダーも可能) ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
イベント・お話カフェ・かんじクッキーご予約やご連絡にご利用下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan☆gmail.com(☆→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営。3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡