みずうみと海を分けるもの


お客さんにすすめられて、
小川洋子さん『海』(新潮文庫)の中の短編『バタフライ和文タイプ事務所』を読んでみました。

言葉(とりわけ漢字)をひとつひとつ違う生き物のように描いていて、文字へのフェティシズムに共感。

ところで、”言葉の海”や”知恵の泉”など、なぜ言葉や知は〈水〉を彷彿とさせるのでしょう?

〈水〉のように未分化なものを〈分化〉させるのが言葉だけど、(水→海や湖)
でも分化されているものを大きなくくりの未分化に戻すのも言葉だし、(海や湖→水)

言葉は世界を分け隔てもするし、
ひとつにまとめることもする。
そのどちらともつかない流動性が〈言葉〉の世界と〈水〉なるものを繋げているのかもしれない。

そんなわけで『ことばを食べるカフェみずうみ』というタイトルで開けています。

今はひとまず、みずうみと海の違いに思いを巡らせてみる次第です。

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
イベントについて
毎週末と平日の夜にさまざまな文化的なイベントを開催しています。
現在「ことばを食べるカフェみずうみ」Facebookページにてイベント最新情報を確認いただけます。

ご興味のあるイベントがありましたら、メールをいただきましたら追って返信いたします。
カテゴリ
プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi

○在宅とオフィスで、コールセンター業務をしています(お金になるのはこれ!)

○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

自宅で ことばをたべるライブラリー みずうみ として、本を介してゆっくりお茶しながらお話できる対話空間をひっそりスタートしました。

このサイトでは、みずうみの紹介、日常で考えたこと、イラスト、食などについてアップしています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: yumi sudani

月別アーカイブ