【満席】9.10(日)14時〜『人工地獄 アートと観客の政治学』読書会


早くも満席、キャンセル待ちになりました!キャンセル出次第お知らせいたします。

2017年9月10日(日)14時-16時
クレア・ビショップ『人工地獄 アートと観客の政治学』の読書会を開催いたします!

日本各地でさまざまな芸術祭が開催されています。その実体もさまざまですが、それに対する意見もさまざまです。
各地の芸術祭の話も交えつつ、『人工地獄』を読んだ感想や意見を皆で話しましょう!

堅苦しい会でなく、さまざまな立場の人が気軽に意見交換できる会にしたいと考えております。お気軽にご参加ください。


~~参加条件~~

・『人工地獄』の本は各自入手してください。
・各回ごとに読む章をお知らせしますので、事前に読んできてください。

〈今回読む章〉
第1章後半〜第2章を少しずつ読む予定です。

【参加費(会場費)】
初めて参加される方は200円(お茶菓子付き)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:人工地獄読書会参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

【定員】7名

【場所】大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho)2F
〈ことばを食べるカフェ みずうみ〉
地下鉄谷町線 谷町六丁目④出口〜徒歩3分


〜〜主催プロフィール〜〜

【相模奈々】会社員+大学院生。
社会学の観点から、アートとまちづくりの関係性について考えています。具体的には、地域住民の方々が、自分たちの活動のひとつとしてアートを受け入れる過程に関心があります。
本を読んだり具体的事例に触れつつ学ぶことが好きです。

【荒川莉佳子】大学院生
「アートは地域社会のなかでどのような位置づけに置かれるのか」という疑問のもと、ドヤ街や遊郭街、それに隣接した地域でおこなわれているアートプロジェクトの研究や、2000年初頭に終了したアートプロジェクトの研究などをしています。地域住民や関係者による「語り」に注目し、インタビューやフィールドワークなどをおこなってます。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
メニュー
オープン 11時~21時 水曜定休

【無人時】静かな青い空間で、
読書や対話をお楽しみください
(飲食持込自由)(投げ銭制)

【有人時】(19時~21時)
●本の中のお話しカフェ(無料)
※お話したことがページになるかも
(かんじクッキー&飲物付 500円)
(かんじクッキー単品1個 300円)
(option 本格タロット占い 500円)
※飲食持込自由・寄付差入歓迎

●イベント企画受付(読書会等イベントを一緒に企画!場所代・企画広報込 3000円)
★毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています★詳しくはタイムラインをご覧ください★
最新記事
カテゴリ
『みずうみ』について
『ことばを食べるカフェみずうみ』は1冊の本であり、大阪・谷町六丁目に実在する対話のためのカフェです。訪れる方とお話しながら、日々リアルにページを綴っています。 あなたを巡るお話しカフェ、本の中でことばを食べるカフェへようこそ!

みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。
全成分:小麦粉 三温糖 卵 米油 塩
(1個300円・文字オーダーも可能) ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
イベント・お話カフェ・かんじクッキーご予約やご連絡にご利用下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan☆gmail.com(☆→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営。3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡