ことばを食べるカフェ みずうみ ご案内




【 オープン 11:00-21:00  水曜定休 】
11:00-15:00 無人 (対話や読書空間として利用可)
15:00-21:00 有人(ことばを食べるカフェ・企画持込受付・古本市・タロット占い)
かんじクッキー個別注文受付 (1個¥200税込)
文化的なイベントでのご使用も歓迎です!

前日迄に連絡頂ければ翌日には仕上がります。
漢字の指定やご提案も可能です。
お渡しは、みずうみに取りに来ていただくか、難しければ郵送も可能です。
ご注文はみずうみにて、もしくはメールにて。

メールの場合は
お名前・電話番号・ご住所・希望する漢字と個数・お渡し希望日時・お渡し方法・の記載をお願いします。

mail@mizuumi-plan.com


【 アクセス 】
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
(②出口すぐ横の坂を下り、突き当たりを左に曲がって少し歩くと左手に萌)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho) 2F

【 小さな文化的なイベントを毎週開催しています 】
気になるものがありましたら、ご参加・お問合わせお待ちしております。mail@mizuumi-plan.com



【空堀観光スポット・超文化系カフェ・ギャラリー・まちライブラリー・本の中で言葉を食べる・水の底にいるような青い空間】

【みずうみの特徴】
「ことばを食べる かんじクッキー」  いろんな漢字の形をしたクッキーを作っています。
〈 本の中に入って言葉を取り出すような感覚で、本当に言葉を食べられます 〉

【 無人時 】 ギャラリー・読書・対話の場所として開いています。お気軽にお立ち寄りください 〈 飲食持込自由 〉
【 ¥中にある小さなみずうみにお気持ちを入れてください 】 ♨︎

【 中で楽しめるプラスアルファ・メニュー 】
☆ 占い ( タロット1回¥500 )〈 お茶菓子つき 〉

♪ 本を食べものに見立てた名物【冷蔵庫本棚】があります ♪



【アクセス】地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
(②出口すぐ横の坂を下り、突き当たりを左に曲がって少し歩くと左手に萌)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌(ho)」2F

mail@mizuumi-plan.com

http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/

http://twitter.com/cafe_mizuumi

ことばを食べるカフェ みずうみ は、
流されがちで記号的になってしまってるように感じる、私たちの文化の源である ”言葉” をもっとひとつひとつ食べるように味わっていくような文化を発信したいーという思いから2015年12月に始まりました。

そのための看板商品、
言葉を食べるイメージを実現化した、日替りの漢字の形をした ”かんじクッキー” を焼いて販売しています。


ことばを食べる かんじクッキー ™️ 商標登録申請中

言葉の中でも漢字については、1つ1つがその造形と概念に完結した魅力を持っています。
言葉を食べて体ごとその言葉を思ってみる。。自分の中にあったひとつひとつの言葉の魅力を再発見していただけますように。。空堀のお土産にもどうぞ ♪

言葉(漢字)の形を楽しみ、”それぞれの言葉の意味合いを味わう” という主旨から、素材は極力シンプルにしました。
素朴で体に優しい懐かしい味わいのクッキーです。

全成分:小麦粉・てんさい糖・卵・菜種油・塩

☆ ご注文も承っております ☆
☆ イベントでの使用やプレゼントにも ☆
(文字の指定・提案可能)
mail@mizuumi-plan.com

【オープン 11:00-21:00 水曜定休】
11:00-15:00 無人 (対話や読書空間として利用可)
15:00-21:00 有人(ことばを食べるカフェ・漢字クッキー注文受付・企画持込受付・タロット占い)

☆ 随時、文化的テーマを設けた小さなイベントを開いています。詳しくはページ上部のスケジュールをご覧ください。


地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
(②出口すぐ横の坂を下り、突き当たりを左に曲がって少し歩くと左手に萌)
542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌(ho)」2F
直木賞の直木三十五記念館の手前、コワーキングスペース往来さんの真向かい








©️ 2015 mizuumiplan

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

10.22(日)14時〜【本の中の読書会】


\10月22日(日)14〜16時【本の中の読書会】を開催いたします/

『ことばを食べるカフェみずうみ』は、
一冊の本であり、語らい日々リアルにページを綴っていく場所です。
今月のテーマは〈場所としての本〉。

何度も読んでしまう本は、その人にとってひとつの居場所になっているのではないかと思います。

今回は自分が〈何度も読んでしまう本〉を持ち寄り、それぞれその本の住人としてその本のモノとしての良さや自分とのエピソード、好きなページや一文を紹介し語り合ってみましょう。

人が住まう本の魅力を探ってみたいと思います。

〜どなたもお気軽にご参加ください〜

【参加費】¥500 【定員】7名
本の中で言葉を食べるお菓子 & お茶つき

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:本の中の読書会参加 内容:氏名
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


※ 何度も読み返してしまう本、モノとして気に入っている本、をお持ちください。
(ジャンル不問・寄贈不要)

【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分
大阪市中央区谷町6-5-26 萌(ho) 2F



泊まれる本屋や住める本屋がある昨今ですが、
住める本があるとしたらどんなものか、ということも皆さんで考えてみたいと思います。


テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

10.14(土)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.8】


10月14日(土)よる19時〜22時
\読んで、話して、書いてみる/
【ものを書くための、読書会 vol.8】

新刊『アレ』Vol.3を鋭意制作中のWeb発の“評論系”同人サークル<アレ★Club>が、今月も「モノを書くためのワークショップ」を、<みずうみ>で開催します!

今回は、「ちょっとしたコラムを書いてみたい」、「コラムの書き方やノウハウについて知りたい」という方向けに、短いコラムを読んで内容について話した後、実際にコラムを書いてみるワークショップを実施します。『アレ』に収録されているコラムを皆さんと一緒にじっくり読み解いていきながら、コラムの書き方について当会のメンバーがレクチャーします。


【今回読む作品】
★『アレ』Vol.1より、みととにか「とにかく寄生虫は滅ぶべきである?」
※当日、作品のコピーを配布します。

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 コラムの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 【定員】7名
(ことばを食べるかんじクッキー+飲み物付)
初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい!

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みお願いします
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分



【主催者紹介】


・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻は哲学(フランス方面)。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論系同人誌サークル。昨年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。現在、11月23日(木・祝)開催予定の第二十五回文学フリマ東京での初頒布を目指して、新刊『アレ』Vol.3を鋭意制作中。

・『アレ』
同人サークル<アレ★Club>が作っているジャンル不定カルチャー誌のこと。新刊のVol.2では「メディアの現在地点」という特集を組み、ゲームAI開発者の三宅陽一郎氏と、『アーキテクチャの生態系』で知られる情報環境論者の濱野智史氏にインタビューを行った。現在、新刊Vol.3を制作中(そろそろ修羅場ってきました…)。


〜前回の様子〜



前回は、映画についてのコラムを読んで、思ったことを語り合い、
コラムについてのレクチャーを受けた後なんと、お菓子〈たけのこの里〉をテーマに各自コラムを書いてみました!

テーマもユーモラスですが、できあがった文章は各人のパーソナリティが反映し、楽しめる&考えさせられるものばかりでした。さて、今回はどんなテーマで書くことになるでしょう?



テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【残席わずか】10.7日(土)15時〜【ミニハロウィンメイク講座】


10月7日(土)15時〜18時
【100均メイクで!ミニハロウィンメイク講座】

〜ハロウィンやイベントで、ちょっとだけペイントメイクをしてみたい貴方へ〜

100均のメイクで簡単な〈特殊メイク〉をマスターしてみませんか?

本イベントにて、
美術専門学校で特殊メイク講師をしていた造形アーティストが直接、簡単な特殊メイクの
〈デモンストレーション+アドバイス〉をいたします!

自分でもできる特殊メイクを覚えて、これからハロウィンや仮装(コスプレ)を思い切り楽しみましょう彡

【参加費】1,000円+メイク材料費(500円ほど)
【定員】7名 男性のご参加も歓迎です
(飲食持込自由)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:ハロウィン講座参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でメッセージお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

※メイク材料購入希望の方はなるべく早めにお申込みください。
前日、当日のご予約の場合は材料のご用意が難しい場合があり、材料・道具をシェアしての講習になります、ご了承ください。


【会場】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ho)2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分



【メイクアップ講師(造形アーティスト) 中山匠 (なかやまたくみ) 】
1990年生まれ、奈良県出身。
美術専門学校で特殊メイク・立体造形の講師をしていました。 現在、アートの工房・そよ風工房を基点に、小さなものから大きなものまで様々なものづくりを実践中。

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
イベントについて
毎週末と平日の夜にさまざまな文化的なイベントを開催しています。
現在「ことばを食べるカフェみずうみ」Facebookページにてイベント最新情報を確認いただけます。

ご興味のあるイベントがありましたら、メールをいただきましたら追って返信いたします。
カテゴリ
プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi

○在宅とオフィスで、コールセンター業務をしています(お金になるのはこれ!)

○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

自宅で ことばをたべるライブラリー みずうみ として、本を介してゆっくりお茶しながらお話できる対話空間をひっそりスタートしました。

このサイトでは、みずうみの紹介、日常で考えたこと、イラスト、食などについてアップしています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: yumi sudani

月別アーカイブ