2.25(土) 『箱庭カフェ』オープン!


\あなたの中に眠る物語に耳をすませてみましょう/
【2.25(土) 13:00〜19:00 箱庭カフェ】
【16:00〜18:00・19:00〜20:00 じっくり型のご予約で埋まりました】

みずうみは水面に映る自分と対話する場所であり、みずうみの砂底にはたくさんの記憶が眠っています。

今回は箱庭を使って、あなたの中に眠る物語に耳をすませてみましょう。

案内人が、物語をひも解くお手伝いをします。
(箱庭の持ち主:佐野いづみさん)

【¥500 お茶菓子つき】
☆ ご予約は不要・13:00〜19:00 ご都合の良い時間にお越しください。

☆ 随時、河合隼雄さんの箱庭の本を用いて
【箱庭勉強会】をしています!
ご興味のある方はご参加ください ♪

☆ 1対1でじっくりとされたい方は別途メッセージにて希望日時をお知らせください
(1回1時間¥1000 お茶菓子つき)


【ことばを食べるカフェみずうみ】
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目④出口 徒歩3分
(④出口の坂道を降りて右に進むと右側に萌)

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】2.26(日) 絵本を食べるカフェ〜箱庭をつくってみよう


満席になりました!
絵本を食べるカフェは月に一度毎回テーマを変えて行っています。また来月もよろしくお願いいたします ♪

2.26(日)15:00〜17:00【絵本を食べるカフェ〜箱庭をつくってみよう】開催いたします!

\一冊の絵本を食べるように味わうカフェ/

絵本を食べるカフェは、
一冊の絵本を参加者みんなで
とことんじっくと味わう、大人のための絵本イベントです。

☆ 絵本を食べるカフェ 今回のメニューは ☆
【テーマ:箱庭をつくってみよう】

砂の中には何が埋まっていると思いますか?
生きていく中で知らず知らず
こころの砂の奥深くに沈めて忘れてしまったものはなんでしょうか。

そんなことを想いださせてくれる絵本を読んだ後、

砂の中に埋まったことばやいきものや暮らしの中のものたちを
掘り出して紙皿にのせ、自分だけの箱庭(小宇宙)をつくってみましょう。

そしてそれを見ながらみんなで語りあいましょう。

ナビゲーター: Chizuko Shinohara


◆参加費 ¥800 (「ことばを食べる かんじクッキー」&お茶付)
ー 本当に言葉を食べられます ♪

◆場所:ことばをたべるカフェ みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄谷町線 谷町六丁目④徒歩3分

◆参加方法:
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:絵本を食べるカフェ参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でのメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


当イベントが終了するまで【箱庭】をテーマにした本棚も設置しています。こちらもお楽しみください ♪

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

3.11(土) ことばを食べる句会【講座】


3.11(土)〜毎月、俳句ラボ 藤田亜未 先生による【ことばを食べる句会】講座が始まります!

第1回 3.11(土) 14:00〜17:00
【お申し込み受付中です!】(単発受講可能)

“ことばを食べるカフェみずうみ” で
【ことばを食べる句会】講座

■講座の内容
 ことばを食べるカフェみずうみと、俳句のコラボ企画です。
 カフェみずうみ店主作の『ことばを食べるかんじクッキー』と飲み物をいただきながら、みなさんと一緒に575の言葉の可能性を探り、俳句に親しむ講座です。
 さまざまな賞のご案内もします。一緒に応募してみましょう。

 ことばを食べるカフェみずうみは、大阪市中央区・松屋町(まっちゃまち)の近くでもあります。松屋町は、人形や花火、スノーボードなどが売られており、まるでおもちゃ箱をひっくりかえしたような街とも言われています。ぜひ一緒にことばをひっくり返して遊びませんか。

【当日の内容】
①オリエンテーション・俳句の基本

② 俳句に自分の名前を入れて自己紹介 (ちょっとした言葉の体操です)

③ 実際に言葉を食べてみて「春」をテーマに句を作ってみましょう。
575の17文字にしなくてもいいので、まずは作ってみましょう。

④ クッキーやお菓子の句を紹介。
(食べ物の句も色々あり楽しい)
所感を語り合い「食べる」をテーマに句を作ってみましょう。

⑤ 季語と歳時記の説明・今後の予定


■講 師 : 藤田亜未
プロフィル: 『船団の会』会員。2015年より柿衛文庫若手による若手のための俳句講座「俳句ラボ」講師

■場 所 : ことばを食べるカフェみずうみ(直木三十五記念館のすぐ隣)

・542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌(ほう)」2F
・地下鉄 谷町六丁目 ④出口~ 徒歩3分
・④出口すぐ横の坂道を下り右に曲がると公園の横に水の湧き出ずる)
ホームページ:mizuumi-plan.com

■対 象 : 俳句、句会、ことばに興味のある方。

■お申し込み : 1回でも受講可。各回とも先着6名まで。

下記メールフォームからお申込み可能になりました!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=c7571c54d7b0ee07

■受講料: 1回 1000円 お茶菓子付(全12回で12000円)(単発受講可能)

【特典1】初回に参加され、通年申し込みの方に、毎回好きなかんじクッキーを、別途1個プレゼント。

【特典2】参加者は、萌1Fの煎りたてハマ珈琲(Hamacoffee谷町店)のコーヒーを100円引テイクアウトで、みずうみでお飲み頂けます。

■スケジュール:
日 時: 毎月第2土曜日(原則)
(お盆、GW、正月、祝日。台風などの緊急時は日程変更あり)
14:00~17:00

開催日:
第1期 俳句のキホン(3月11日・4月8日・5月13日)
第2期 まっちゃまち句会(6月10日・7月8日・8月5日〔第1土〕)
第3期 ことばを食べる句会(9月9日・10月14日・11月11日)
第4期 みずうみ句会(12月9日、平成30年1月13日、2月10日)

■持ち物 : 筆記用具、俳句を書くノート、あれば歳時記。飲み物持ち込み可。

■申し込み方法 : 
お申込み先:ことばを食べるカフェみずうみ
メール:mail@mizuumi-plan.com

※件名を「ことばを食べる句会申込」としてください。
※お名前・電話番号・メールアドレス・住所・受講希望日をご記入お願いいたします。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】2.24(金)『箱男/安部公房』〜箱越しの読書会


\ 箱越しに見える世界はどんな世界?/

2.24(金) 19:30〜21:00
安部公房『箱男』〜箱越しの読書会

ダンボールを頭からすっぽりとかぶり、都市をさまよう男のお話、実験的精神あふれる安部公房の文学作品『箱男』を読んで所感を語り合う読書会です。

実際に穴開きの箱をかぶってみて、箱越しの世界を体験し、箱越しのコミュニケーションを試したり、箱男追体験もしてみましょう ♪
(箱はこちらで用意します。かぶりたくない方はかぶらなくても大丈夫です)

【未読でもご参加可能】

【参加費】¥500 (ことばを食べる かんじクッキー & お茶付き )ー本当に言葉を食べられます

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:読書会参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でのメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


【場所】ことばを食べるカフェ みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄谷町六丁目④出口〜徒歩3分

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

【満席】2.18(土) くらやみオープンマイク vol.2


\暗闇オープンします〜! 闇でよむ・きく・かたりあう・新感覚オープンマイク/
2.18(土) 20:00〜22:00 くらやみオープンマイク

暗闇の中で、言葉を放っていると、また人の言葉にじっと耳をかたむけていると、五感の中で視覚がオフになっている分、発音感覚、聴覚が研ぎ澄まされ、普段では得られない、よむ・きく体験ができます。

言葉の世界の奥深くへ潜って、眠っている感覚に呼びかけ、どこよりも深く言葉を味わってみましょう。


【テーマは闇】
闇だからこそよみたい作品をお持ちください。( 語り合いたいテーマや、よみたい本でも◎ )

「言葉を食べるカフェ」の醍醐味として、それぞれの発表後に、その1行1行の言葉を取り上げて、参加者同士で語り合う時間を取りたいと思います。言葉を分解して味わうように、深い記憶を掘り出すように…闇だからこそできそうなことです。


よみ手のための手元灯をご用意してます。
カセットテープ・CDの再生も可能。
場所がら、大きすぎる音や声は出せません。


◆参加費 ¥500 (「ことばを食べる かんじクッキー」& お茶付)ー 本当に言葉を食べられます ♪

◆場所:ことばをたべるカフェ みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄谷町線 谷町六丁目④徒歩3分

◆参加方法:
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:オープンマイク参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でのメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

2.12(日) ドストエフスキー『地下室の手記』読書会


2.12(日)14:00〜16:00 ドストエフスキー『地下室の手記』読書会を開催します!

会場であるカフェみずうみは、一冊の本であり、物語と現実のはざまにある場所です。
個人の部屋であり、公共の場所であります。

今回は、引きこもり文学と言われる「地下室の手記」読んでみて、
それぞれ世間と自分との相容れなさ、その相違や融和について考え、語り合ってみましょう。

あらかじめ読んで来て頂くようお願いします。(全て読んでいなくても一部のみでも大丈夫です)
それぞれの感想、体験談などをシェアしましょう!

(春に向けて)それぞれの、現実と物語の間に架かる橋を見つけ出すことができるでしょうか?



◆参加費 ¥500 (「ことばを食べる かんじクッキー」& お茶付 )ー 本当に言葉を食べられます

◆場所:ことばを食べるカフェ みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目④〜徒歩3分
④出口すぐ横の坂道を下り右に曲がると公園の横に「萌」

◆参加方法:
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:読書会参加 内容:お名前
もしくは
Facebook or Twitter でのメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi


自分の小宇宙を確認したり、社会と自分の関わり方を視覚的に確認できる【箱庭体験】も楽しんでいただけます ♪

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

アクセス
大阪市中央区谷町6-5-26
複合文化施設 萌 ho 2F
地下鉄 谷町六丁目②出口~徒歩3分
メニュー
オープン 11時~21時 水曜定休

【無人時】静かな青い空間で、
読書や対話をお楽しみください
(飲食持込自由)(投げ銭制)

【有人時】(19時~21時)
●本の中のお話しカフェ(無料)
※お話したことがページになるかも
(かんじクッキー&飲物付 500円)
(かんじクッキー単品1個 300円)
(option 本格タロット占い 500円)
※飲食持込自由・寄付差入歓迎

●イベント企画受付(読書会等イベントを一緒に企画!場所代・企画広報込 3000円)
★毎週ペースでさまざまな文化的なイベントを開催しています★詳しくはタイムラインをご覧ください★
最新記事
カテゴリ
『みずうみ』について
『ことばを食べるカフェみずうみ』は1冊の本であり、大阪・谷町六丁目に実在する対話のためのカフェです。訪れる方とお話しながら、日々リアルにページを綴っています。 あなたを巡るお話しカフェ、本の中でことばを食べるカフェへようこそ!

みずうみでは、文化を豊かにしていきたいという思いから、人の文化の源流である〈ことば〉をひとつひとつじっくり味わうための、さまざまな漢字の形をした「ことばを食べるかんじクッキー」を作っています。
全成分:小麦粉 三温糖 卵 米油 塩
(1個300円・文字オーダーも可能) ことばを食べるかんじクッキー
メールフォーム
イベント・お話カフェ・かんじクッキーご予約やご連絡にご利用下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

SNS・メールアドレス
     

mizuumiplan☆gmail.com(☆→@)
プロフィール

壽谷 祐実 Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi
1982年大阪生まれ。
大阪芸術大学芸術計画学科卒。
2005年~ Appleコールセンターにてお客様と対話の日々。
2015年~ 文化カフェ『ことばを食べるカフェみずうみ』運営。3年目。
☆彡一緒にブックカフェをしてくださる方・物件を募集中です☆彡