キャッチャー・イン・ザ・ライ を読んで


キャッチャー・イン・ザ・ライ/J.D.サリンジャー/村上春樹訳

出し抜けに、読書感想文。

「ライ麦畑でつかまえて」村上春樹訳を読みました。
学校を退学になっては次の学校に移る16歳のホールデン・コールフィールド。
特徴はとにかく彼が世の中に”うんざり”していること。
何があったってだいたいナーバスになる彼が「そう思わないか?」というように時々読者に語り掛けるような文体。

ほとんどのものに、間抜けなとか、ろくでもない、とかの形容がつく。
この世界はうすのろやインチキどもの集まりだ(ほんの少しだけど気に入っているものもある)

だけど読んでいるとだんだん、ホールデンという子が愛しくなってくる。
じつは誰よりも優しくて良心的で誠実で小心者で寂しがりやで、
時間があればすぐに誰かと食事して会話したくなる。
興味深い会話をしたい。
拳を強く握れなくて人を殴れない。女の子と最後までできない。。

モーリスという詐欺師と娼婦に金をふんだくられる場面で、
相手に思いつく限りの罵りの言葉をかけるんだけど、その途中で出し抜けに泣き出してしまったりする。(ここ最高に愛しい場面)

ホールデンは作中何度か出し抜けに泣き出す。

私がこの小説の中で一番好きなホールデンのセリフ。
「どんなことにもしっかり意味があるってことを、みんな”ぜんぜん”よくわかってないんだ。僕はそういうことにクソうんざりしちまっているんだ。」

ひとつひとつのことをちゃんと見て、興味深い会話をしたい。
私の言いたいことを代わりに言ってくれたような気持ちになりました。
(いえもちろん、よくわかってないのは私なんですが)

笑えるのは、タクシーの運転手や通りすがりの人物に「さっさとお家に帰ってねんねしてな、マック」とかジョージ、とか適当な名前で呼ばれて軽くあしらわれるところ。
(こういうのは他の海外小説でもよくあるのかもしれない)

Holden Caulfield という名前は、Caul=羊膜に守られた子いうような感じ?
そう考えるとマンガの主人公っぽい名前です。

この本はみずうみにも置いてます。貸し出しも可。
読んだら一緒にお話できたら嬉しいです♪

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近! Born to be Why ボーントゥービーワーイ


上田假奈代さんの詩の学校で描いたがいこつのイラスト(テーマは歯でした)

ボーントゥービーワーイ
わからないことがあるから生きている

さいきんなんだかいそがしい

好きなことがありすぎて、やりたいことが多すぎて、オーバー気味。
いろんなことに手を伸ばしている。

平日の午前中はコールセンターで働く。
電話でお客さんと話したり、同じく働いてる人達と相談したり協力しながら仕事をこなしていくことは、半ば趣味とか楽しみとか生活のリズムを整えるためのツールになりつつある。
会社ってどっぷり浸かってしまうと私にはしんどいし嫌になるけど、半日くらいを客観性をもって前向きに自分の仕事をこなそうって姿勢でやっている分には楽しい。

仕事が終わったら良さげなカフェでゆっくりしたり、最近は昼間のがらがらの電車の中で(こっそり)作業したりお茶したりするひとり電車カフェもマイブームになっている。
目的地はないけど移動しながら目的のあることをするのは、流れる景色の中でガタンゴトン音を聞きながら考えをまとめたりするのは、不思議な充実感がある。

土日祝はまちライブラリーのイベントとか読書会とか起業とか企画系、文化系のイベントで興味あるやつは予定が空いてたら片はしから行っている。
平日の夜にあればそれも行ってる。

みんなのうえんという、街中にある農園でグループで野菜を育てたりそこでみんなでカフェの企画・実施もしている。

あとは人前で話したり表現することに慣れたい、言葉に興味ある人たちと関わりたいという理由で、詩を作ったり朗読したり音楽をする人たちが集まって発表しあうような小さなライブにも出かけるようになった。
とりあえずそこで自分の言葉も放って帰る。人前で表現をする。
良い!と言ってもらったり、何も言われなかったり、??と思われたり、、でももう恥ずかしいとかはなくしていきたいというかだんだんなくなってきた。

そして一応メインにしているカフェみずうみの運営(本を介しての対話・読書会・プチイベント)を実施しながら都度修正し、告知・記録する
(告知・記録ぜんぜん追いついてない当日告知の2週間後記録みたいな)

さいきんは、みずうみにお客さまも来てもらえるようになった。
ほとんど自分から誘ってるんだけど。

もう少しみずうみをやるのに適した少しはアクセスの良い物件探しもしている。

先に書いた四柱推命の依頼も数件受けている。無料であっても練習であっても曲がりなりにも人の運命どうこういうのはやっぽり気が引ける。
自分はどうなん人のことどうこう言えるほどうまくいってんのってやっぱり思うし。

そんなこんなで、オーバー気味ですが
でも書いたことはぜんぶ、自分がやりたくてやってることだし、今はやれるだけのことをやっていくモードです。


New! ひん死時のチャイ

2.6 土曜日 その3

大阪に戻ってきて、次は、ひさびさに参加するサリュのお茶会、今回はチャイ!
懐かしい人たちにも会えた!

パピヨンチャイの川嶋さんの作るチャイ。
牛乳のチャイ、豆乳のチャイ、バターチャイ、最後はまた牛乳のチャイで締め。

チャイの基本のスパイスは、シナモン、カルダモン、ジンジャー。
あとグローブとかクミンもありとのこと。

バターチャイは、あらかじめカップに岩塩とバターを入れる。
岩塩はピンク色のヒマラヤ岩塩で、硫黄…ゆでたまごの濃くしたような匂いがする、、
そこにチャイを注いでよくかき混ぜて出来上がり。

さあこれは味の大冒険、
バターは溶けて表面をぽってりと覆っている。
なんというか、ポタージュに近いものも感じたけれど、そんな生温いものではなく、全部飲んだら、何かを10年分飲んだかなみたいな、感じだったので、ちょっとずつ飲んで、でも全部飲めなかった。

ヒマラヤで遭難とかしたら、これ飲んだら、生き延べれるやろ!

最後は牛乳のチャイでしっとりまったり。
やっぱり豆乳より牛乳の方がチャイのスパイスとの結びつきが良いと感じました。

スパイスとミルクの結び目をピタリと指差したようなマッチング感と、
深く静かに沈み込む上質な低反発枕のような味わいがステキでした。







New! 珍味を極める 株式会社 伍魚福 ごぎょふく

2.6 土曜日 その2

プロが教えるコミュニティビジネス講座、

第2部は、ついこの間カンブリア宮殿にも出演されたという!、珍味を極める 株式会社 伍魚福 社長の お話し。

伍魚福さんは、ちょっと個性的なお酒のおつまみ(種類は数百種!)作って販売している。

サンプルでいただいたイカの一夜干しは、スルメではなく半生でイカの食感と風味がしっかりと生きていて、ちゃんと美味しい。
案外コーヒーにも合うなと思いました。


パッケージについても、紺色でちょっと高級感のあるしっかりしたパッケージなのに、ちょこっとピンクのハートマークがついてたり
(これはデザイナー北川一成さんのデザインのねらいで、わざと奇妙な感じを取り入れることで、印象づけるというもの)

名刺やチラシについても、わざと珍妙な感じを少し取り入れていたり、ハサミで切ったと分かるような、まっすぐではない紙の切り口が残っていたりと、

割と大きな会社なのに、安ポップさと手作業感を取り入れていて、それを組織で”量産している”という部分が私にはすごく魅力的に感じました。

安ポップさ、手作業感が、システムから量産されている。

社長さんいわく、多品種少ロットで量産というのではないとのことですが。


ダイオウイカ商品化プロジェクト(゚o゚!

New! コミュニティに参加したり作ってみたりするする

2.6 土曜日

私はこんなこと(いま自分がやってる企画)で儲けようなどとはもちろん思ってないけど、
Appleコールセンターのときのお友達が講師をしているとのことで、どんなんやろと、宝塚まで”売るプロが教えるコミュニティビジネス”講座を受けてきました。

でまあ、自分のやりたいことに色んな人を巻き込んで、収益を上げて、そのコミュニティが廃れないように存続させていく、なんていうことは自分にはとても出来ひんなと

国から家族、大きな会社から喫茶店での話し合いまで、収益を上げる上げない、リアル遠隔、世界は大小性質も様々なコミュニティで構成されてるけど、

それらの参加者のひとりとして、自分はどうしていきたいのかな、

小さなコミュニティ(読書会や家族(これは大変やぞ)) は作ってみたいけど、ビジネスは難しいなとか、
自分が参加するまたは作ろうとしていくコミュニティというものについて考えるとても良い機会になりました。

最新記事
イベントについて
毎週末と平日の夜にさまざまな文化的なイベントを開催しています。
現在「ことばを食べるカフェみずうみ」Facebookページにてイベント最新情報を確認いただけます。

ご興味のあるイベントがありましたら、メールをいただきましたら追って返信いたします。
カテゴリ
プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi

○在宅とオフィスで、コールセンター業務をしています(お金になるのはこれ!)

○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

自宅で ことばをたべるライブラリー みずうみ として、本を介してゆっくりお茶しながらお話できる対話空間をひっそりスタートしました。

このサイトでは、みずうみの紹介、日常で考えたこと、イラスト、食などについてアップしています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: yumi sudani

月別アーカイブ